予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 > ブログ
 > 指しゃぶりをしているのですが?

下北沢せきにし歯科医院の公式ブログへようこそ。

おかげさまで、2013年6月4日に当院が開院して5年になりました。

指しゃぶりをしているのですが?

/ 2017年9月11日 / 関西 一史

長期に指しゃぶりが続いていると、歯並びやかみ合わせに悪影響が出てきます。指しゃぶりをする子供に必ず起こるというものではありませんが、多くは、前歯の上下が開いてかみ合わない状態の「開口」と呼ばれるものです。発音(サ行、タ行)が不明瞭になったり、物をかんだり飲み込むときに不都合が生じます。

指しゃぶりは、乳房の代わりとして赤ちゃんに安心感を与え精神衛生上有益だとの見かたもありますが、程度の問題で4-5歳まで続けてしまうのはやはり良くないと思われます。

自然に治ってしまうことも多いのですが、3歳以降までつづくとかみ合わせは将来にわたる変化を受けやすいといわれています。年齢や歯列の状態を見ながら、やさしくやめるようにしてあげてください。

※指を布で巻いたり、辛子を塗るなどの方法で無理にやめさせると、心理的な問題を引き起こす可能性があるため、自分で意識してやめる努力ができる時期まで待つのがよいでしょう。

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜