予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >無痛・減痛診療

痛みのない診療を目指します。

診療内容

笑顔で通ってほしい思いが、無痛・減痛診療へ。

誰もが嫌い怖がる歯科医院のイメージをどうにかして和らげたいと思い痛くない診療を追及してきました。
歯の健康は、生涯健康の基本となる大切なこと。だからこそ何度でも来たくなるような歯科医院でなくてはいけないと考えています。
歯科嫌いだった方が笑顔で通ってくれるそんな歯科医院を目指しています。

そのために下北沢せきにし歯科医院では、2つのこだわりがあります。

麻酔の注射さえ痛みを感じないように。

下北沢せきにし歯科医院では、なるべく治療中に痛みを感じることが無いよう、最新の麻酔システムを導入し「無痛」「減痛」の治療を実施しています。

1.麻酔をする前に歯ぐきの表面に麻酔の塗り薬

麻酔の針を刺す前にジェル状の表面麻酔を歯茎の表面に塗ります。表面麻酔を塗ることで、麻酔の針をさすときの「チクッ」という痛みの感覚が軽減されます。

2.一番細い注射針

太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。
当院では、麻酔が痛くないように0.2ミリ(33G)という一番細い注射針を特別に取り寄せて使用しています。

3.麻酔液を体温と同じ温度に

麻酔液は冷蔵庫に保存してありますがそのまま体内に注入すると痛みを感じるため、専用の機材で人の体温と同じ温度に温めた麻酔液を使用します。

4.電動の麻酔器でゆっくり麻酔液を注入

急いで麻酔液を注射してしまうと、その圧力で痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあります。
当院では、コンピュータで自動的にコントロールのできる電動麻酔器を使用し、痛みを感じにくい理想的なスピードで麻酔しています。他の麻酔器よりさらに痛みが少ないと思います。

5.確実に麻酔が効いていること

下北沢せきにし歯科医院では麻酔が確実に効きやすい場所に効率的に麻酔をし、効いたことを確認してから治療に入ります。

痛いのにどうして麻酔をしてくれないんだろう?
そう思ったことはありませんか?

下北沢せきにし歯科医院では、常に患者さんの目線にたって、麻酔を希望される方には100%麻酔してから処置を行うことを徹底しています。

また、治療中に痛みを感じて手をあげたのに、そのまま治療を続けられた・・・といった経験をされたことのある患者さんも多いかと思います。どうしても時間や手間がかかる、という理由で麻酔を追加しない医院もあります。ひとりひとりの患者さんに十分な時間・ゆとりを持って治療を行っておりますので、麻酔の効きが悪ければ、必ず追加します。

どんな治療でも麻酔を希望された場合、お断りすることは絶対にございません。
遠慮なくお申し付け下さい。

そして、痛くない予防ケア

あなたの歯を人生のパートナーに!

削って治せば治すほど歯は弱くなり再発しやすくなります。当院では痛くなってから削るのではなく、なるべく削らない予防歯科を重視しております。予防ケアにおいて痛みを伴うことはまずありえませんから、予防歯科ほど理想的な歯科医院への通院方法はありません。

早期発見と早期治療

急性症状が強ければ強いほど麻酔は効きづらく、そのために痛い思いをされることも少なくはありません。痛くない治療とは麻酔が効きやすい状態、つまり急性症状のない初期の段階で治療を済ませることも非常に大切だと考えています。予防のために定期的に通院することで、病気の発生は極力抑えられます。下北沢せきにし歯科医院では、精密拡大診療により病の徴候を見逃す可能性はごくわずかです。問題が発生しても、ごく初期の段階で発見、最小限の治療で済ませることが可能となるのです。

タイミングは全く症状のない今

定期的な通院している歯科医院がないあなたにとって、症状のない今が実は歯科医院に行くタイミングです。もし病気が見つかっても、圧倒的に痛みがなく楽に治療することが可能ですし、病気がないことがわかるだけでも一安心と言えるのではないでしょうか。

最悪のケースも…

歯は病気に感染した場合、ごく初期症状の際を除いて自然に治ることはありません。そのため、むし歯や歯周病は放っておくことでどんどん進行してしまいます。しかし、できるだけ早く歯科医院へ行った方がよいとわかっていても、「歯医者の治療は痛いから」と、なかなか歯科医院へ行かない方がいらっしゃいます。痛さに耐えかねて歯科医院へ行くころには、抜歯せざるを得ない状態に……というケースが後を絶ちません。

むし歯の進行歯周病の進行

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜