予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >歯を残したい

歯を残したい

抜歯をしないために、早めの検診をおすすめします。

歯は抜かないにこしたことはありません。たとえ乳歯であっても、永久歯が生えるまでは歯並びやかみ合せのために抜かない方がよいのです。しかし、抜歯をしなければならない原因はたくさんあります。たとえば、むし歯、歯周病、歯のかみ合わせ、歯のひび割れ、痛む親知らず、入れ歯など…。何よりも日頃の歯の手入れと予防が大切です。

現在、厚生労働省と日本歯科医師会では8020(ハチマルニイマル)運動をというキャンペーンを展開しています。これは「80歳になっても、自分の歯を20本保つ」という働きかけです。しかし統計によると80歳の平均残存歯数は、わずか8.2本。日本人の平均寿命はずいぶん延びましたが、歯の寿命はほとんど延びず、60歳では半分以上の歯を失っているという結果になっています。

定期的に歯の検診を受けて歯を失う原因を早期に発見し、早期に治療を受けるように心がけるようにしましょう。

歯の役割

歯には、以下のようなさまざまな役割があります。

咀嚼(そしゃく) 食べ物を細かく噛み砕くことで栄養の吸収を促すことができ、消化器官の負担を軽減できる
楽しい食事 歯ごたえや歯ざわりなど、味覚に関連する感覚を得ることで食事の楽しさにつながる
異物の侵入防止 食べ物の中に異物が混入していても、噛んだ瞬間に見つけることができ、体内への侵入を阻止できる
発音の手助け 舌や唇と一緒に動かすことで、正しい発音ができる
豊かな表情 歯の動き方や噛み合わせにより、表情筋や顎の骨が鍛えられ、豊かな表情になる。また、左右のバランスも整う
瞬間的な力の発揮 歯を噛みしめることにより全身のバランスを取れたり、瞬間的に力を入れたりできる

豊かな生活を続けるためには、歯はなくてはならないものです。すっと自分の健康な歯で、しっかり噛んで食事を味わい、会話を不自由なく楽しみ、見た目でストレスやコンプレックスを感じない人生を一緒に目指しませんか?

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜