予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >世界水準の衛生管理

世界水準の衛生管理

小型高圧蒸気滅菌器「リサ」

下北沢せきにし歯科医院の感染対策

当院では、感染対策のためにさまざまな機器を導入し、マニュアルを構築しています。患者さんはもちろん、スタッフも含め全員の安心と安全をお約束します。

1.診療器具の衛生

診療器具の消毒滅菌を徹底し、滅菌・消毒できないものは「全て」使い捨てにしています

2.手や指などの衛生

繁回な手洗いと手指消毒を徹底し、グローブを患者さんごとに1回だけでなく、頻回に交換しています

3.さまざまな表面の衛生

グローブで触れる部分のバリアテープを患者さんごとに交換しています
感染リスクごとにエリア分けし、診療ユニット、床、ドアノブや取っ手、エレベーターのボタンまで感染リスク順に消毒を徹底しています

4.水の衛生

タービン水やうがい水などお口に入る水は常に除菌し、診療ユニットのうがい・バキュームなど排水エリアの消毒を徹底しています

5.防護

サージカルマスク・ゴーグルを装着し、必要に応じてサージカルガウン・キャップの装着をしています

6.技工物・その他の衛生

歯型や模型などの洗浄・消毒を徹底しています
必要な治療にはラバーダム防湿を必ず行い、唾液のエアロゾル化を防止しています

診療器具の衛生

消毒滅菌の徹底

感染リスクごとにエリアを分け、各工程に必要な医療機器を導入しています。

洗浄消毒 −Miele & Cie.KG社製 ミーレジェットウォッシャー

ミーレジェットウォッシャー

複雑な構造の器具もすみずみまで洗浄する、ウォッシャーディスインフェクターと呼ばれる機器です。予備洗浄で感染の原因となるたんぱく質を除去した後、93度の熱湯で10分間洗浄することで、ほぼすべての細菌を殺滅し、水分による再汚染を防ぐために自動乾燥を行います。院内感染防止に効果を発揮します。

ハンドピースの洗浄・注油 NSK社製 iCare 

包装 W&Hステリライゼーション社製 Seal2

ハンドピースの洗浄・注油と包装

歯を削る時やプロフェッショナルケアの時に用いるハンドピースは、iCareで内部をすみずみまで自動洗浄・注油します。

滅菌する前に、滅菌バッグ専用のシーラーSeal2を使って、器具ひとつひとつを適切に包装します。滅菌バッグをしっかり密閉しウィルスの進入を防ぐことが可能です。

クラスB滅菌装置 −W&Hステリライゼーション社製 LISA

小型高圧蒸気滅菌器「リサ」

最も厳格な基準を求められるヨーロッパ基準(prEN13060)をクリアした滅菌装置
「あらゆる種類の被滅菌物を完全に滅菌することができる」ということを意味しています。当院では、オペ器具などもすべてLISAで滅菌処理をしています。

 

クラスB滅菌装置

『クラスB』は、「クラスS」「クラスN」よりも優れた滅菌効果
バキュームと蒸気の注入を交互に繰り返すシステムで、タービンなどのハンドピースや器具内部、細部まできちんと滅菌
ができます。

滅菌バッグ

現在では上記のウォッシャーディスインフェクターと、このような細かな器具の内部まで滅菌できるクラスB オートクレーブの組み合わせでなければ確実な器材洗浄・滅菌は不可能だと考えられています。

手や指などの衛生、さまざまな表面の衛生

ディスポーザブル(使い捨て)

使い捨て

例えば、ゴム製のグローブ。
グローブを交換しないということは、
「自分は守るが、患者さんのことは知りません。」
ということを意味します。術者が席を立つ際はもちろん、引き出しなどから器具を取り出すときにはグローブを外し、捨てるという行為を徹底しています。

実は、グローブは20分使用するとピンホールという針穴ほどの小さい穴が空きやすくなります。自分を守る意味でも患者さんを守る意味でも、患者さん1名につき1回の交換では足りないということです。

消耗品としてのコストはばかになりませんが、使い回すことのないよう取り組んでいます。

使い捨て

さらに、術者がグローブをつけて触れる場所にはバリアテープを貼り、患者さんが入れ替わるたびに剥がして捨てては貼り直すという作業を繰り返しています。

水の衛生

シロナ社製 水清浄システム

水清浄システムヨーロッパ基準の高い衛生管理
供給する水に低濃度の過酸化水素水が用いられており、常に清潔な水でうがいや治療ができるシステムで水質を維持しています。

また、休診日に水回路を集中洗浄できるシステムを搭載しているので、いつでも綺麗な水で診療できるよう二重の対策がとられています。細菌の増殖によるバイオフィルムの形成を抑えるには、継続的な過酸化水素水の利用が効果的とされているので特に水清浄システムは有効です。

3システムで衛生的な水質をお約束
水供給システム…連続衛生システム
常時、上水に低濃度の過酸化水素水を添加し、常に衛生的な水質を維持しています。
サニーステーション…断続衛生システム
休診時、滞留水を排出した水回路に高濃度の過酸化水素水を満たし、24時間以上滞留させ強力に水回路を洗浄します。
内部の水を強制的に入れ替えシステム
治療終了毎に水回路から水を排出し、1日の治療開始前に全水回路から滞留している水を強制的に排出し清潔な水と入れ替えます。

A-dec社製 ボトル給水システム

米国の水質管理基準
衛生管理の先進国である米国で標準となっている仕様です。そのため、米国・カナダの歯科教育機関の85%がA-decを導入しています。米国では、保健福祉省疾病予防センターが2003年に公表した、Guideline for Infection Control in Dental Health-Care Settings – 2003(「歯科医療現場における感染管理ガイドライン2003」)が衛生管理の基準となっています。

ボトル給水
ボトル給水

床下から水道水を給水するのが一般的ですが、診療中に使用する水量はたいして多くはありません。配管・水道管内の水は停滞しやすく、夜間や休診中に細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成することがわかっています。

ボトル給水システムでは、配管・水道管を使用せず、ボトルから直接ユニット内へ給水し、使用する水の品質を簡単に管理することができます。ボトルに専用の低濃度処理錠剤を入れることで、ユニット内の細菌繁殖を抑え、患者さんに常に衛生的な水を供給できます。また、弱酸性水などの機能水などを使用することもできます。

フラッシュスイッチ
治療終了ごとに口腔内に入る全ての機器から、最低でも20〜30秒間中に留まっている水と空気を排出し、水質を保つことができます。

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-18:30
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜