予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >精密拡大診療

精密拡大診療

精密拡大医療「テレスコープ」

マイクロスコープ・ルーペを使用した診療

マイクロスコープ・ルーペを使って診療することを精密拡大診療と呼びます。肉眼では小さすぎて限界だった細かい部分を高い倍率でしっかり確認できます。

従来、見える範囲の治療を行っていたので、勘に頼る部分が多くありました。むし歯を大きく削り過ぎてしまうと、結果的に歯の寿命を短くすることにつながります。一方で、感染部分を残してしまうのも、再発につながって、同じく歯の寿命が短くなります。

肉眼では健康に見えていても、実際には歯石がついている場合もあります。この精密拡大診療によって、 患者さんの歯をむし歯や歯周病から守ります。

見えるか、見えないかは全ての診療における、精度に大きく影響します。

精度の高い、より良い診療へ

マイクロスコープを使用した治療

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)は患部を最大20倍強に拡大することで、肉眼とは比較にならない量の情報を手に入れることができます。

チーム全員で、再発を徹底してなくす

ルーペを使用した治療

当院では歯科医師だけでなく、歯科衛生士も歯科用拡大鏡(ルーペ)を使用し予防にあたっています。歯のプロフェッショナルケアを担当する歯科衛生士も、歯垢(プラーク)や歯石を隅々まで取り除けるよう、必ず倍率が6倍以上のルーペを使用しています。

より正確な歯科診断が行えます。

精密拡大診療では1/100万という超微細な情報が明らかになります。そのため肉眼とは比べものにならないほどの正確な診断が行え、患者さん一人ひとりに必要な治療計画を立てられます。 さらに、拡大鏡を使うと、ほんのわずかな口の中の異常の徴候も見落としません。むし歯や歯周病の予防はもちろん、治療後には再発も防止。 一生、健康な歯を維持することにつながります。

精密拡大診療

無影灯(オペ用ライト)がありません

当院では、全員ルーペに専用のLEDライトをつけています。影になって見えなかった部分、特に根の中や歯周ポケットの中まで、狭くて暗いお口の中を明るくはっきりと見ることができます。
無影灯とはお口の中を照らすライトで、治療するときにまぶしい思いをされた方も多いのではないでしょうか。
お口の中は暗くて狭い空間ですから、角度・位置によって十分に見えないことが多くありました。

無影灯の撤廃

2016年春、すべてのチェアーから無影灯を撤廃しました。

無影灯の撤廃

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-18:30
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜