予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >歯科用CTスキャナー

歯科用CTスキャナー

より高度で、正確な診断を実現します。

歯科用CTスキャナーとは、歯科医療に特化した立体X線画像を得ることができる装置です。コンピュータによるデータ処理と画像の再構成により正確で高度な診査、解析、診断が可能です。 

従来のレントゲンでは患部を平面の情報で捉えていましたが、歯科用CTスキャナーを使うことで患部を3D化することができます歯の神経や血管の位置、骨の状態、歯根の形、病変の有無などを立体的に捉えられるので、診断自体もスピーディーになり、歯科治療をより円滑に安全に行うことができます。

高度で専門的な治療を行う際に大きな力を発揮します。

歯科用CTスキャナー歯科用CTスキャナー

 

 

 

 

 

 

このような治療にCTを使用します

インプラント治療

インプラント治療では、人工歯根を埋めるときに骨の状態を正確に診断しなくてはいけません。CTを使うことで、従来確認できなかった顎の内部をチェックできます。骨の質や厚み、高さなどを正確に捉えることで、より緻密な治療計画をたてることができ、安全・確実なインプラント治療が行えます。

歯周病治療

歯周病が進行すると、歯を支える歯槽骨(顎の骨)が溶けてしまいます。歯周病治療においてCTを使用し骨の状態を確認することで進行度合いを把握でき、レベルに応じた適切な治療を行えます。

親知らずの抜歯

CTを使うことで抜歯をする歯の埋入位置を立体的に把握でき、炎症の度合いなどを詳細に把握できます。これにより、抜歯にあたってのリスクを回避した処置を行えます。

根管治療(神経まで達した重度の虫歯治療)

根管とは、歯の内部にある神経や血管が入った器官のことです。この根管は複雑な構造をしており、歯根の先端の虫歯菌を発見することは非常に難しいのが現状です。CTを使うことで根管内部の状況を精密に把握でき、より確実な根管治療を実現します。

矯正治療

CTを使うことで矯正治療を行ったときの歯の動きを予測することができ、より効果的な治療計画を立てるのに役立ちます。現在の歯並びが理想の位置からどれくらいズレているのか、どのくらい治療に時間がかかるのかといったこともお伝えいたします。


 

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜