予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >採用情報

採用情報

院長 関西 一史(せきにし かずふみ)

日本歯科大学卒業
東京医科歯科大学歯学部附属病院歯周病科勤務
【所属学会】
日本歯周病学会
日本抗加齢医学会
日本臨床歯周病学会
【認定医】
日本歯周病学会認定医
【StudyGroup】
JSCT(The JIADS study club of Tokyo)
情熱会
川口ペリオインプラント勉強会

当院では一緒に働いてくれる歯科衛生士を募集しています。
学会・研修会等の参加を援助し、認定資格取得の応援をしています。詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

初めまして。このページを見に来てくださってありがとうございます。

さて、歯科衛生士の離職率は高く、10年で5%の人しか残らないといいます。その理由は何でしょうか。私は、歯科衛生士がずっと現役で活躍できるようになると心の底から信じています。

★歯科衛生士は「大切なパートナー」だと考えています。
★信頼関係の構築が最も重要で、ドクターと同じ位の知識量が必要だと考えます
★私の最終目標は、生涯のおつきあいである予防を全国に広げることにあります
★歯科の国家資格3種類(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)の中で一番患者さんに身近な存在は歯科衛生士です
★歯科衛生士も拡大視野下で処置を行うことで精度を高めることができます

採用に関する重要なお約束

本当に患者さんにとって大切なことは何か

予防に関しては本来、保険が使えないという現実があります。患者さんは安いからというよりも、今ある歯を可能な限り残せる本気の治療を望んでいます。生涯自分の歯で生活して、おいしく食べて、楽しく会話する人生って最高に幸せだと思いませんか。そんな、患者さんが本気で望むことを本気でこたえるのがわれわれの仕事です。

本来は、できるだけ削らないで虫歯を完全に取ろうとしたら1時間はかかります。なのに、保険治療では時間が取れないから、次回に持ち越すことになります。当院では1人に最低1時間かけて診療しています。量より質、そのときにできること全てをつぎ込んで治療するべきだと思っています。 歯科衛生士にも1時間以上の時間を使ってもらい、歯科衛生士の予約枠プラス歯科医師の予約枠と、患者さんには別々に時間を取ってもらっているので、歯科衛生士に力を発揮して頂ける環境が整っています。

患者さんに来ていただいた以上、命がけで取り組むべきだと本気で思っています。それは、チームのメンバーである衛生士に対しても同様です。

仕事内容

口腔内写真撮影、唾液検査や歯周病細菌検査、セルフケアトレーニング、SRP、PMTCなどの歯科衛生士の専門の仕事のほか、アシスタント業務が半分を占めます。アシスタント業務も、専門的な教育を受けていない無資格の歯科助手ではなく、歯科衛生士についてほしいと思っています。

どのような歯科衛生士を求めているのか?

1.医院理念と価値観が近い人物
2.プロとして、組織の存続・発展を考える事が出来る人物
3.「患者利益とは何か」を常に意識して診療・事務などの業務を行うと同時に自己研鑽を怠らない人物

私がやって欲しいことをするヒトではなく、ジブンで考え行動できるヒトを求めています。当院の患者さんは本気の方しかおらず、私たちも本気で治療と予防に取り組んでいます。

昇級システム(育成システム)

必要なものは全てありますし、足りないものは準備します。
「自己スペックアップ」と「医院への貢献」により、4年間でどこへ行っても恥ずかしくない一流の歯科衛生士になることができます。

院内勉強会は毎月行い、症例発表を行います。

資格取得奨励制度(日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会、勉強会への参加費用を一部負担)、ルーペ購入支援制度などがあります。

「下北沢せきにし歯科医院」のロゴマークについて

ロゴマークには、こんな想いを込めています。

人々に潤いと安らぎ感を与えるグリーンを基調にしました。マークのモチーフはみずみずしいイメージの植物の葉です。やさしさをモットーにした当医院のイメージを、柔らかな手描きを活かしたフォルムで表現しています。
モンステラはハワイで「水が湧き出る」という意味があります。
それは、この医院が地域の皆様にとってオアシスの様な存在であり続けたいと願う想いを込めてあります。
そして黄色いしずくはオアシスの象徴です。下北沢は玉川上水から流れ出た水がこの場所で沢になり人々の生活を豊かにしていった歴史があります。この沢の水のように皆様の役に立ちたいという願いが込めてあります。
愛してやまない場所ハワイ、その中でも大好きな植物モンステラの意味が込められています。

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜