予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >歯周病治療

歯周病治療

歯周病はプラークが原因でおこる感染症です。

日本人の成人のうち約8割が歯周病およびその予備軍

歯周病は細菌の塊であるプラーク(歯垢)が原因となって引き起こされる感染症で、痛みなどの自覚症状がほとんどないまま進行する怖い病気です。プラークは歯と歯茎の間に入り込んでポケットを作り、歯茎に炎症や出血を起こします。歯はあごの骨の上にある歯槽(しそう)骨に支えられていますが、歯周病が進むとこの骨まで細菌に侵されて溶けてしまい、ついには歯を支えることができなくなり抜け落ちてしまいます。

歯周病は、感染してもほとんどの場合、成人するまでに発症することはありません。大人になってからの悪い生活習慣が重なったときに発症する「生活習慣病」なのです。

そのため不規則な生活リズムや不健康な食事の改善、家庭でのセルフケア、歯科医院での定期的なメインテナンス予防が歯周病の予防策となります。カラダの状態と密接な関係があるので、体調に問題があるときは、まずそれらを改善することが必要となります。

自覚症状がないまま進行してしまう歯周病とは?

サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)

歯周病は、重症になるまでほとんど自覚症状が現れない病気です。
このため歯周病は、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)と言われ、本人が罹患したことに気付かず、軽く考え放置してしまいがちです。自分は大丈夫と思っておられる方が少なくないのではないでしょうか。 

歯周病はできるだけ早く治しましょう!

みなさんご存知でしょうか?
歯ぐきが腫れる、歯みがきをすると出血する……それだけの病気だと思っていませんか。実はそんなに生易しいものではありません。実際には、歯周病の原因菌の作用によって歯のまわりの組織が炎症を起こすだけでなく、やがて歯を支える歯ぐきや顎の骨が破壊され、自覚症状がほとんどないまま、歯が抜け落ちてしまうことにつながる怖い病気です。歯周病は骨の病気ともいえます。

歯を失う原因の1位は、実はむし歯ではなく歯周病。それは歯周病の恐ろしさを知らない方が多いことに原因があるかもしれません。大切な歯を守るためにも、まずは歯周病について詳しく知ることが大切です。

悩んでいませんか?

  • 歯ぐきの腫れ、歯ぐきからの出血がある
  • 定期検診に通っていたのに、急に抜歯と宣告されたが、何とかして残したい
  • 治療しているが、少しずつ歯を失い将来が不安
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • グラグラする歯がある
  • 以前よりも歯が長くなった
  • 口臭が強いと言われる
  • 水を飲むと歯がしみる
  • 歯を磨かない日がある
  • 朝起きたときに口の中がネバネバする

上記が一つでも当てはまるようでしたら歯周病の可能性があります。当院の詳しい検査を受けることをおすすめします。

 

当院の取り組み・特徴

当院では、通常の歯周病治療だけでなく、難易度の高い治療も行っています。私たちは歯周治療・予防を特に専門とし、これまで多くの患者さんの歯周病を治療・予防してきました。

歯周病予防を徹底しながらの治療

歯周病は細菌感染症です。
歯の表面にくっついたプラーク(細菌の塊)中の歯周病原細菌は、歯肉の中=歯周ポケット内で褐色の歯石を足がかりにしながら、成熟します。
歯周病原細菌は歯周ポケットという空気のないところで増殖する、嫌気性細菌の集合体によって歯周病を進行させ重篤化させ、歯を支持する顎の骨や歯ぐき
を破壊してゆきます。

1. 歯周病の進行を停止させる(プラークコントロールを確立)

歯周病予防は、ご自身による正しいプラークコントロール=「セルフケア」と私たちによるプラークコントロール=「プロフェッショナルケア」によって成立します。歯周病は、細菌が存在する限り進行が止まりません。

あらゆる治療において、口腔衛生環境を長期間キープするプラークコントロールが最も大事です。予防しながら治療する事がベースとなります。

2. 視野を拡大した、精密歯周治療

プラーク(細菌の塊)および、プラーク停滞の温床となる歯石を徹底的に除去できたかどうかが、歯周病治療の成否を分けます。

肉眼では残ってしまいがちなプラーク・歯石も、拡大すれば組織を傷つけることなく除去でき、治療効果を高めることが可能です。繊細な歯周組織の再生療法においても同様です。

3. 歯を抜かずに、可能な限り歯を残す「歯周組織再生療法」

比較的軽度の段階の歯周病であれば、
歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。
悪化してしまった歯周組織の破壊がひどい歯周病の場合、抜歯をすすめられることも多いかもしれません。

しかし、歯科用CTを用いたより高度で正確な診断と、専門的かつ高度な治療技術を用いることで、より多くの歯を残すことが可能です。他院で抜歯を勧められあきらめていた歯も、残すことができる可能性があります。

一度失ってしまった歯槽骨が自然に戻ることはありません。
通常の歯科医院が行っているようクリーニングなど一般的な歯周病治療でも溶けた歯槽骨を元に戻すことはできないことがほとんどです。

当院が最も得意とする「歯周組織再生療法」によって歯槽骨、歯肉などの歯を支持する組織(歯周組織)を再生、再建し、機能させることが可能です。抜歯を行い、インプラントによる治療を選択する前に、ご自身の歯を生かす歯周組織再生療法を選択肢の一つとして考慮します。

全身疾患と歯周病

糖尿病と歯周病は相互に密接な関連性があります。
つまり、糖尿病が歯周病の進行を加速し、重度の歯周病が逆に糖尿病の状態へ悪影響を及ぼします。

また、早産・低体重児出産、血管障害、誤嚥性肺炎、関節リウマチ、菌血症、慢性腎疾患、非アルコール性脂肪性肝炎、アルツハイマー病は、歯周治療によって発症や悪化を抑制する可能性があります。

メタボリックドミノ

歯周病の治療をきちんとすることで、メタボリックシンドロームの発症から始まる、さまざまな全身疾患の予防につながることがわかっています。

メタボリックドミノ

生涯医療費を抑えることができる

重度の歯周病であっても歯を抜かずに保存できる場合には、入れ歯やインプラントと比較して経済的負担を軽減することができます。
歯周病は全身疾患とも密接に関係しており、歯の残存数と医療費には相関があることが指摘されています。歯を残して歯周病を治療することは、一時的な負担軽減のみならず、長い目で見ても医療費の軽減につながります。

 

歯周治療例

「歯周組織再生療法」重度慢性歯周炎の治療例

前歯の歯槽骨が破壊されている状態でご来院されました。

再生療法術中

20代前半、女性

高校生時代に矯正治療をしたという例で、重度歯周炎にもかかわらず自覚症状は全くありませんでした。

歯周病は、歯周病原細菌が原因で歯を支えている顎の骨が溶けます。細菌感染がなければ発症しませんが、この感染状態に「力」が加わることで急速に進行します。

矯正治療後に、元に戻ろうとする歯を定着するまで使用する、リテーナーという装置をほぼつけなかったそうです。もともと、側切歯(真ん中から2番目の歯)2本は、中切歯(真ん中の歯)と犬歯の後ろに隠れるように生えていたそうです。これらの歯が動き、かみ合わせるとぶつかるようになり、細菌感染と相まって急速に歯槽骨が破壊されたものと推察できます。

まず、「プラークコントロール」(セルフケア及びプロフェッショナルケアによる細菌のコントロール)と「力のコントロール」(かみ合わせの力を分散)で原因に対応しながら治療を進めます。

失ってしまった骨は、クリーニングなどの一般的な歯周病治療でもとのように再生することはほとんどありません。

このようなケースの場合、当院が行っている「歯周組織再生療法」によって、歯周病によって溶けてしまった歯槽骨を再生させることが可能です。ひと昔前は一度失った骨は残念ながら元に戻すことができず、その骨に支えられていた歯は抜くしかありませんでした。 

治療前:中切歯と側切歯の間にかなりの歯槽骨の吸収がみられました
 再生療法術前

治療後:歯槽骨を再生することができました
再生療法術後

治療前:中切歯は9㎜の歯周ポケットがありました
再生療法術前

治療後:全て3㎜以下になりました
再生療法術後

※保険外診療。治療期間、費用、治療の流れ、治療結果に関しては個人差があります。
健康な歯周組織を取り戻すには、数か月から1年かかります。また、歯周組織が再生する期間および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。
治療効果を発揮するのは、治療後の口腔衛生環境の維持にかかっています。

副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。あらゆる歯周病に適応できるわけではございません。再感染のリスクはなくなりません。

 

歯周病治療の流れ


初診カウンセリング
まずはお口のお悩みをお聞かせください。痛みや腫れ、出血など、気になる症状についてもお話しください。


精密検査
お口の中の写真撮影やレントゲン撮影、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」の検査、歯の揺度(グラつき)の検査、かみ合わせの検査などを行い、歯周病の状態を調べます。


初診・コンサルテーション
検査結果をもとに、お口の状態を詳しくご説明します。また、今後の治療計画についてもご説明します。ご理解いただけるまで丁寧にご説明しますので、疑問点がありましたらお気軽にお尋ねください。


治療
患者さまの状況に合わせて各種治療を行います。

歯周病原細菌検査 歯周病菌のDNA(遺伝子)を増幅させて検出することで、患者様のお口の中の細菌の存在を確認する方法です。当院では専用のキットを使用して検査機関に送り、正確な検査を行っています。
セルフケア
トレーニング
あなたにとって最も簡単な方法できちんとしたセルフケアをすることができるようになります。それは、生涯を通じてあなたの財産になります。
抗菌療法 通常の歯周病治療で効果が出ない場合に行う治療法です。抗菌剤を使用して歯周病菌を除去し、細菌がいなくなる3~6ヶ月間で外科処置を行います。
フルマウスディス
インフェクション
治療後の再感染を防ぐために、通常は数回にわけて行う歯周病治療を24時間以内にすべて完了させる治療法です。短時間でスケーリングやルートプレーニングを患部すべてに行います。

再評価・コンサルテーション
初期治療が終了したら、精密検査をして歯周病が改善されたかどうかを評価します。歯周病が改善された部分はもちろん、続けて改善が必要な部分についても詳しくご説明し、相談しながら今後の治療方針を決めていきます。


外科処置
初期治療では歯周病が改善できなかった部位には、徹底的なクリーニングを実施します。しかし、それでも改善が望めないと判断した場合は、患者さまの同意を得たうえで簡単な外科処置を行います。

外科処置には麻酔を使用するため痛みはなく、90~120分程度で完了します。歯周病の進行度合いにもよりますが、治療後に痛みや腫れが出ることはほとんどありません。なお、患者さまの状態に合わせて矯正やインプラント治療にも対応しています。


再評価
外科処置が完了したら、再度精密検査をして歯周病が改善されたかどうかを調べます。改善が確認できた場合はメインテナンス予防に移ります。


メインテナンス予防
歯周病が改善されても、再発を防ぐためにはしっかりとメインテナンス予防を行う必要があります。患者さまの口腔内の状態によって異なりますが、メインテナンス予防のタイミングとしては3ヶ月に1度が目安です。


 

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜