予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >メインテナンス予防

 メインテナンス予防

正しいブラッシング、定期的な健診、正しい予防の知識

  地域の皆さんの健康を守ることが「下北沢せきにし歯科医院」の役割です。むし歯や歯周病などの治療はもちろんですが、病気にならないための予防歯科にも力を入れています。健康な歯を保つためのデンタルケアを指導・提供しています。

毎日、正しいセルフケアを!

歯の表面につくプラーク(ばい菌)は、むし歯や歯周病の原因になります。当院のデンタルケアのプロが教える、本当に必要な正しいセルフケアを習得することで、あなたにとって最も簡単な方法できちんとしたセルフケアをすることができるようになります。それは、生涯を通じてあなたの財産になります。

自分で触れないところには、プロフェッショナルケア

毎日セルフケアをしていても必ず磨き残しが出てくるので、やはりプロの手による専用の機械を用いた徹底的な歯のクリーニング(PMTC)が必要です。

定期的な歯科検診を忘れずに!

少しでもお口に異常を感じたことがありましたら、定期検診が必要です。定期検診は歯の病気の早期発見・治療に役立ちます。歯周病やむし歯など病気の発見が目的です。

歯のライフサイクル

歯は削った瞬間から再発を繰り返します。このため、病気が目立たない早い段階で予防をしなければ、治療しても治療しても悪くなるという悪循環(負のスパイラル)に陥ります。

 

現在歯科治療の9割以上は以前の治療のやり直しです。治療を繰り返すたびに健康な歯は失われ、痛みを伴う可能性が高まります。

痛くなったり、何か問題が起こって手遅れになってからの治療というのは、緩やかに歯を失ってゆくのを知らず知らずに容認していることに他なりません。歯に関しては、今ある健康な歯を一本も失わないための予防方法が確立しています。しかし、健康な状態にするのに、時間、労力、費用が重症度と比例して大きくなってゆきます。

重症度,時間,費用

当院で行うメインテナンス予防と一般的なクリーニングの違いとは

むし歯も歯周病もバイオフィルム(ばい菌)感染症ですので、セルフケアの確立が大前提ではありますが、歯科医院で機械的にバイオフィルムを破壊することが病気の予防であると同時にもっとも基本的な治療です。そのため、あらゆる歯科治療の再発防止において、定期的なバイオフィルムの破壊と除去が何よりも重視され推奨されます。歯の予防は、ただのお掃除ではないのです。

しかし、ただやみくもにクリーニングするだけでは、歯を守ることができず再発を繰り返します。そうではなく、事前に原因を分析し、あらゆるリスクに対処してゆきます。

 

当院の取り組み・特徴

予防先進国スウェーデンで実証されている「科学的根拠にもとづいた」予防プログラムを実践します。ケアによる日常のラークコントロール(細菌の除去)を、必要に応じた間隔のプロフェッショナルケアで補うのが最も効果的であることが実証されています。「歯を一本も失わない覚悟を持った予防」を行っています。

メインテナンス予防プログラム

リスク(原因)を探り、生活を改善し、自分の歯で食べられる未来のためにあなただけの計画をご提案します。健康な方も、治療終了した方も、リスクを調べて予防計画を立てることが正しいメインテナンス予防のスタートです。

メインテナンス予防プログラムの流れ

歯科ドック(健診)

一般的な定期検診だけでは分からない部分までお口の健康状態を精密に検査するため、「病気の早期発見」に加えて「将来起こりうる病気のリスク」まで予測する事ができます。病気の危険因子=リスクを診てゆくのが目的です。

歯科ドックでわかること

原因に直接アプローチするための「リスク検査」

だ液検査歯周病原細菌検査を行うことで、あなたのリスクを簡単に調べることができます。そのリスクをもとに歯周病やむし歯になりにくい食生活や生活習慣をアドバイスします。わたしたちは、患者さん一人ひとりの立場を考え、一緒に予防法を考えます。

唾液検査・歯周病細菌検査

歯周病やむし歯は「感染症」ですので、そもそもの原因となっている「細菌」へのアプローチが必須です。当院では「リスク検査」を活用して、まずは原因菌の特定、そしてその菌への効果的なアプローチ方法を探ります。

だ液検査

患者さんのだ液から、2種類のう蝕関連細菌を1度に検査することが可能です。

・S. mutans菌:虫歯発生に大きく影響している菌
・Lactobacillus菌:二次う蝕に大きく影響している菌

歯周病細菌検査

BML社の高精度の歯周病細菌検査で、歯周病のリスク判定を行うことができます。

歯周ポケットの中の細菌を採取して、PCR-インベーダー法により細菌を定量的に検査します。

歯周病関連菌である、A.actinomycetemcomitans、P.gingivalis、P.intermedia、T.forsythensis、T.denticola、F.nucleatumを検査することができます。

原因菌の検出だけでなく、あなた固有の情報が得られることにより、歯周病・むし歯リスクの程度を知ることができます。この結果からあなたの歯を守るための一歩進んだメインテナンス予防ケアが可能となります。

歯科ドックやリスク検査(だ液検査・歯周病細菌検査)の結果にもとづいて、

  • オーダーメイドのメインテナンス予防プログラム(予防計画)を作成し、メインテナンス予防でリスクをフォローし、予防する事が可能です。
  • また、自分では気づかない歯周病や小さいむし歯の早期発見に対しても同様に、オーダーメイドの治療計画を作成し、早期治療をして健康な歯を失うリスクを最小限にすることが可能です。

予防計画書

プロフェッショナルケアを行い予防を成功させるためには、皆さんお一人おひとりのリスクを徹底的に把握しておく必要があります。口腔内の状況を徹底的に調べ、生活習慣・生活環境・全身状態まで確認した上で、リスク(原因)に注目したオーダーメイドの予防計画書を作成し、変化のたびに更新しながらメインテナンス予防を行ってゆきます。

治療&予防計画書

予防計画のアップデート

1年に一度、再評価を行い、計画書自体を作り直します。

精密拡大診療

当院では、予防ケアスペシャリストの歯科衛生士も全員6倍以上のルーペを使い、肉眼では限界だった部分をしっかり確認しながらの診療を行います。わずかな徴候を見逃さず、正確に診査を行うことができるだけでなく、精密なプロフェッショナルケアを行うことができます。
精密拡大診療

定期的なメインテナンス予防

セルフケアの確認と質を上げ、あなたに必要な情報提供とプロフェッショナルケアを致します。

セルフケアトレーニング

毎日のブラッシングで、きちんと磨けているという自信はありますか?正しいセルフケア方法は年齢や歯並びによって人それぞれ異なります。医師や歯科衛生士からセルフケアトレーニングを受けましょう。正しいセルフケア方法を身に付けることは、むし歯・歯周病予防に重要です。

メインテナンス予防ではセルフケアのチェックを毎回行い、バイオフィルムの付着部位も丁寧にチェックします。

あなたにとって最も簡単なセルフケアを一緒に見つけて、ご自宅で再現できるようにします。食生活を含めた生活習慣や全身疾患など、さまざまなリスクへのアプローチを試みます。

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)

自分では触れないところまでプロが100%除菌して再び付かないように工夫する、プロフェッショナルケアです。

毎日セルフケアしても必ず磨き残しが出てくるので、やはりプロの手による徹底的なクリーニングが必要です。同時に、専用の機械を用いたPMTCやトリートメントケアが必須となります。あなたが清掃不可能な部位に触れるのが正しいPMTCです。

PMTC最大のメリットは、歯の隙間や歯周ポケットまで徹底的にケアを行っていくためにむし歯や歯周病の予防ができることです。

トリートメントケア

通常のプロフェッショナルケアに加えて、あなたの歯の状態に合わせて、傷んでしまった歯面の質を改善するためにトリートメントケアを行います。

  • 歯質強化 
    当院では歯質強化と呼んでいる、特殊なペーストを応用したトリートメントケアがあります。
  • ステイン除去
    先述の歯質強化の前に、タバコのヤニ、コーヒーによるステインなど着色汚れをパウダーの力ですみずみまで落とすことが出来ます。ステインのこびりついた状態のままでは、歯の凹凸が増えてプラーク(細菌)が付きやすくなります。また、こびりついたようなひどい汚れがある場合ホワイトニングをしても思ったように効果がでません。

 

食生活へのアプローチ

発酵性炭水化物(糖類や加工でんぷん製品)がプラーク(細菌)の成長に大きく関係します。

食事の回数、時間、内容、量、ソフトドリンクの摂取などの食生活とともに、栄養学的なアプローチが必要です。

キシリトール

多くの研究でキシリトールガムを長期的に摂った人にプラーク(細菌)量の減少が見られたことが示されています。

  • キシリトールは酸に分解されない
  • 抗プラーク効果がある
  • プラークの粘着性は弱くなる
  • 唾液の分泌を促す
  • ミュータンス菌の増殖を妨げる
  • 脱灰を防ぎ、再石灰化を促進する

ただし、キシリトール100%でなければいけません。100%はなかなか見かけないですが、遺伝子組換トウモロコシから作られている人工のキシリトールを避けて、当院の天然白樺のキシリトールを推奨します。

口腔内の微生物のバランスも整える「プロバイオティクス」

プロバイオティクスは人体に良い影響を与える微生物を活用して体質改善していくことを目的とした処置です。特に腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらします。

Lactobacillus reuteri(ロイテリ菌)

ロイテリ菌には、定着性がよい(体内にすみつき、増殖しやすい)、副作用がないなどの特徴があり、スウェーデンの病院のうち3分の1でロイテリ菌が推奨・導入されていて、国際的な臨床利用実績があります。

最近の研究では、歯周病治療にも有効であることが分かってきました。

Quirynenらによる、ロイテリ菌をプロバイオティクスとしてSRPと併用した効果の評価研究(J Clin Periodontol. 2013)では、中等度および重度慢性歯周炎のポケット内においてP.gingivalisの減少を認めたことを示しています。3ヶ月間のプロバイオティクスサプリメントの使用は、SRPの補助として有用であると考えられるとまとめています。

口腔内には何兆もの細菌が住みついていて、いわゆる善玉菌と悪玉菌が絶えず勢力争いをしています。この勢力バランスが崩れ、悪玉菌が多くなると、歯周病原因菌を作ってしまいます。
当院では、プロバイオティクスの概念に基づいたBio Gaia社製の「プロデンティス」を使用し、歯周病治療・予防に役立てています。

ロイテリ菌プロバイオティクス

メインテナンス予防例

予防開始から3年以上経過

当院での治療後、生涯にわたって自分の歯で食事をするため、メインテナンス予防で来院されています。

治療終了後3年

セルフケアによるプラーク除去率は常に95%以上をキープされております。
メインテナンス予防の2本柱は、セルフケアとプロフェッショナルケアなので非常に大切なことです。また、むし歯のリスクが高いのでトリートメントケアとして歯質強化を行っています。

治療終了後3年経過

歯周ポケットは3㎜以下で安定しています。

3年後歯周検査

初診時

さまざまなところが外れ、むし歯ができて悪くなっているので何とかよくしたいということで来院されました。
重度のむし歯、歯がない部位や、そのため移動してしまった歯、破折してしまった歯が見受けられました。

初診時

歯周ポケットは当時も3㎜以下で、歯周病はありません。

初診歯周検査

総合的に治療してゆく必要性があることを説明し、ご納得いただいた上で治療を開始しました。
保存不可能な歯の抜歯、矯正治療、重度むし歯の治療、機能を回復する治療を行いました。

治療終了時

治療終了時

治療終了時歯周検査

治療後は、大きなお口の変化に喜んでおられました。
今は歯の大切さを理解していただき、継続して定期的にメンテナンスにお越し頂いています。

メインテナンス予防の間隔:1〜3ヶ月

※保険外診療。ケアの時間、費用、ケアの流れ、結果に関しては個人差があります。
メインテナンス予防の頻度は個人差があり、歯周病・むし歯のリスクによっても異なります。
予防効果を発揮するのは、口腔衛生環境の維持にかかっています。

副作用(リスク):どのような口腔内の状況でも予防できるわけではございません。セルフケアにご協力いただけない場合、再感染のリスクはなくなりません。

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜