予防歯科 下北沢せきにし歯科医院 HOME

 >むし歯治療

むし歯治療

むし歯は早めの治療を!

歯の表面につくプラーク(細菌の塊)は、唾液を酸性に変えてしまう性質を持っています。むし歯は、このプラークがつくり出す酸によって歯が溶かされる病気です。歯はエナメル質や象牙質などの硬い組織でできていて、中には神経や血管が通っています。むし歯になるとこれらの組織が溶け、ものを食べるとしみる、あるいはズキズキ痛むなどの症状を伴います。

象牙質まで進行してしまった場合は自然治癒することはありません。初期の治療方法は、むし歯部分を削り取りプラスチックをつめていきます。進行が進むほど治療期間が長引き、健康な歯を失い費用もかかります。

むし歯のリスクは個人により異なります。その原因をきちんと理解して正しい予防を行い、一生自分の歯で生活していきたいものです。治療後はメインテナンス予防を受けて、健康で丈夫な歯を保ちましょう。

 

むし歯の進行

ミュータンスレンサ球菌ラクトバチラス菌などの耐酸性菌(むし歯病原菌)が口の中の糖を分解して「酸」を作り、耐酸性菌が急激に増えます。増えたの耐酸性菌が大量に酸を産生し続けることによって、歯が溶けます。

歯が溶け続けることで穴が空き、その穴は広がり続けます。虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。

酸で溶けてむし歯病原菌に感染した部分を取り除き、その部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

むし歯の進行

 

下北沢せきにし歯科医院の取り組み・特徴

従来のむし歯治療は、むし歯に浸食された歯や神経を「削る・抜く」ことが基本です。これは、むし歯そのものの病理学的理解が十分になされていない時代の治療をそのまま受け継いでいるためであり、治療というよりも「応急処置」に近いものがあります。

一般に行われている応急処置的な治療では、同じ歯の再治療を繰り返すことになり、いずれ神経を取、最終的にその歯を失ってしまいます。そして、失った歯を補うための入れ歯ブリッジによって健全な歯までをも失うことになり、緩やかに歯を失ってゆくことでお口の中は崩壊していきます。

 なるべく削らず、神経を残す

むし歯に「治癒」は起こりません。できるのは、むし歯を除去したあとに人工材料を用いて歯の機能や形態を回復させることだけです。皮膚であれば、自分の皮膚として再生=治癒しますが、歯は削ったら二度と元に戻すことはできません。

そのため、まずむし歯を予防すること、また残念ながらむし歯ができてしまった場合、再発防止のために「高い精度で」処置を行うことが大切だと考えています。

1. 痛みに配慮:患者さんの負担を最大限減らす

無痛・減痛診療

・ 表面麻酔塗布の後、麻酔の注射
・ 電動の注射器でゆっくり一定のスピードで
・ 麻酔液の保温(人肌に温めて使用)
・ 最も細い針の使用
・ テクニックの活用

無痛・減痛治療

 

2. 視野を拡大し、精密かつなるべく削らない

精密拡大医療2

歯の治療は人体の治療で最も細かい領域の治療と言われています。歯を削る量を最小限に抑えるには、大前提として治療部分がしっかりと見えなければなりません。

従来、「肉眼」で見える範囲の治療を行っていたので、術者の勘に頼る部分が多くありました。むし歯を大きく削り過ぎてしまうと、結果的に歯の寿命を短くすることにつながります。一方で、感染部分を残してしまうのも、再発につながって、同様に歯の寿命が短くなります。

当院では「拡大鏡」を使用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っているため、正確に感染部分だけを削り取ることができ、歯を削る量を必要最低限に抑えることができます。

精密に削ることができるため、治療精度が上がり、詰め物や被せ物がぴったりとすき間なく密着し、再治療を防ぐことが可能です。

精密拡大診療

 

3. 神経を抜かない

ご存じでしょうか、歯の歯髄(神経)を除去すると4つのデメリットがあります。歯の歯髄(神経)は歯に栄養を与える役割があるので、歯には栄養がいかなくなり、歯がもろく割れやすくなってしまいます。

歯に栄養が運ばれない
歯の歯髄(神経)には、動脈や静脈も存在し血液が流れています。この血液が歯の中に水分や栄養分を運ぶことで、割れにくい強い歯を作っているのです。
栄養と水分が供給されなくなった歯は、立ち枯れした木のようにもろくなり、割れやすく傷みやすくなります。

温度差やむし歯に気づかない
むし歯や知覚過敏など歯の異常に気づかず、痛みが出たときには抜歯という可能性があります。美味しく食事をするための味覚にも影響があります。

むし歯病原菌から歯を守ることができない
細菌が歯の内部に侵入するのを防ぐ働きもなくなります。歯を固くしたり再生したりなどして虫歯の急激な進行を防止する生体防御機能を失います。

変色する
血液が循環することで行われていた歯の代謝がなくなり、古い組織がそのまま残ることで黒ずみ変色します。歯の根が黒ずんでくると、歯茎からも透けるため歯茎も黒ずんで見えます。

そのため当院では、歯髄(神経)を抜かない治療のために、さまざまな治療法を駆使し手を尽くします。

 

4. 接着を活用する

人工材料を用いて歯の形態を回復させる際、「接着」という技術を用いると、境界面に非常に強い層を作ることができ、再度の破壊が起こる可能性を小さくすることができます。

当院では、唯一天然歯に戻すレベルでの治療といわれるダイレクトボンディングという接着治療法を得意としております。

 

虫歯治療の一般知識

本気で歯を守るための器具? のお話

ミュータンスレンサ球菌ラクトバチラス菌などの耐酸性菌(むし歯病原菌)が口の中の糖を分解して「酸」を作り、耐酸性菌が急激に増えます。増えたの耐酸性菌が大量に酸を産生し続けることによって、歯が溶けます。

歯が溶け続けることで穴が空き、その穴は広がり続けます。虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。

酸で溶けてむし歯病原菌に感染した部分を取り除き、その部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

 

むし歯の進行と治療方法

むし歯の進行

C1 エナメル質内のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階のむし歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
虫歯の部分だけを削除して、直接、合成樹脂(レジン)を充填します。

 

C2 象牙質に達したむし歯

むし歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。
C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

 

C3 歯髄(神経)に達したむし歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
可能な限り歯髄の温存に試みますが、歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填(根管治療)します。

また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。

C4 歯質が失われたむし歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている次がない状態です。
C3と同様に治療し被せ物をする歯の保存に努めますが、他にもあらゆる手を尽くした徹底的な治療が必要な場合が多くなります。
本当にやむを得ない、手遅れの場合は残った歯根部を抜歯します。

抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

むし歯を「再発させない」ために

え?あなたのお口に悪さをする「原因菌」て簡単にわかるの? のお話

虫歯は感染症ですので、いくら削ってもそもそもの原因となっている「細菌」へのアプローチがなければすぐに再発してしまいます。
そのため当院では、「細菌レベルでの検査」をし、まずは原因菌の特定、そしてその菌への効果的なアプローチ方法を探っていきます。

具体的には、「唾液検査」を活用しています。「唾液検査」では、患者さん固有のリスクを知ることが出来ます。こうして患者さんごとに歯を守るための一歩進んだ診査・診断が可能になるのです。

予防歯科

下北沢の街のイメージ
診療時間月-木 8:30-19:00
土 9:00-18:00
休診日金曜・祝日・日曜