小児歯科

小児歯科の重要性

小児歯科

乳歯は「どうせ生え変わる」歯だから、
むし歯になってもかまわないと
思っていませんか?

乳歯は永久歯にくらべて歯がやわらかく、エナメル質も薄いため、むし歯菌がつくる酸におかされやすく、あっという間にむし歯になってしまいます。
乳歯のすぐ下では、永久歯が生える準備をしています。乳歯の重症なむし歯は、永久歯にまで悪影響を及ぼし、むし歯の永久歯が生えてしまうことがあります。

乳歯は、後から生えてくる永久歯を正しく導く役割も持っているため、乳歯をむし歯で失ってしまうと永久歯の歯並びが悪くなる恐れもあります。歯磨きはお子さんにまかせきりではなく、小学校に入学するぐらいまではチェックと仕上げ磨きを必ずしてあげてください。
ブラッシングには力を入れる必要はなく、歯ブラシの毛先が歯と歯茎に触れる程度の力で磨きます。無理強いをすると、お子さまは歯磨きを嫌がるようになりますので、ゆったりした気持ちで習慣化していきましょう。